社会保険労務士の役割

企業における「ヒト」のスペシャリスト
経営資源について「ヒト・モノ・カネ」が大切であるというお話を聞いたことがあると思います。この「ヒト・モノ・カネ」のうち「ヒト」に関するスペシャリストが社会保険労務士です。採用から退職まで、従業員の異動に関する社会保険や労働保険をはじめとるする手続きを代行したり、従業員の労務管理や教育に関する相談に応じることができるスペシャリストです。

社会保険労務士は企業の大切な情報を任せることができるパートナー
社会保険労務士とは労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行を行い、また企業を経営していく上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う、国家資格です。
社会保険労務士は、企業に勤める従業員の氏名や住所から給与の額まで幅広い個人情報を取り扱いますが、社会保険労務士法第21条により守秘義務が課されておりますので、あなたの企業の大事な個人情報も守り、安心してご契約を頂くことができます。

社会保険労務士法第21条(秘密を守る義務)
開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員は、正当な理由がなくて、その業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は盗用してはならない。開業社会保険労務士又は社会保険労務士法人の社員でなくなつた後においても、また同様とする。

経営者様、人事労務担当者様の目線から解決・サポートをいたします
従業員が安心して働き、成果を上げていくためには社内のルールを簡単で分かりやすいものにし、ルールを徹底することが大切です。私たちは経営者様、人事労務担当者様の社内の悩みを解決し、より良い職場環境を整えることが最終的に従業員の皆様のやりがいにつながり、生活の充実につながると考えています。わからないことや悩んでいることを、気軽に相談できる社会保険労務士事務所を目指しています。

なぜ今、労務管理が注目されているのか?

「未払い残業」「長時間労働による過労死」「ブラック企業」などの用語がマスコミで取り上げられています
これらの用語は耳にしたり目にしたりすることがないといっても過言ではないほど、新聞・テレビ・インターネットのニュースで流れています。これらのニュースは経営者様にとって他人ごとではありません。「大企業じゃないのだからそんな法律は守っていられない」という言い訳は通用しません。従業員にも労働法で守られている権利が浸透し、従業員側から誤りを指摘されたり、権利を主張されることも増えてきています。知っていれば守っていたものでも、法律を知らなかったばかりに守れておらず、従業員から「ブラック企業」のレッテルを張られることもあります。わからないことはこれから一緒に考え、解決していきましょう。

「ヒト」の悩みを解決せずに、経営を続けることは難しい

多くの経営者様は、労務管理の悩みの解決に時間を費やしています
労務管理の悩みの解決は一筋縄ではいきません。その理由は「ヒト」に関する悩みだからです。極端な例ではありますが、法律違反を解消するだけであれば、法律を守るようにルールを変えるだけで済みます。しかし悩みの元が「ヒト」であれば、そう簡単には行きません。他の従業員との平等感や従業員個人の家庭環境によって、反対と賛成が同居してしまうこともあります。法律を守りつつ、従業員の希望もある程度聞きつつ、妥当なラインで労務管理を行うことはとても大変です。経営者様や人事労務担当者様が一人で考えて解決することが非常に難しいからこそ、専門の知識のある社会保険労務士にご相談下さい。

社会保険労務士の活用割合

社会保険労務士は96.7%の会社に認知されており、56.4%の会社に利用されています。

社会保険労務士 中居誠一郎

中居 誠一郎
札幌市出身 社会保険労務士
  • 2005.01〜2008.09 北海道社会保険事務局
  • 2008.10〜2013.03 全国健康保険協会
  • 2013.04〜2015.09 会計事務所
  • 2015.10〜 中居社会保険労務士事務所

代表 中居誠一郎は北海道社会保険事務局で4年間、全国健康保険協会(協会けんぽ)で5年間、会計事務所で社会保険労務士として2年間勤務しました。これまでの経験を生かすことで、企業の抱える課題の解決に貢献できると考え、平成27年10月に社会保険労務士事務所を開設しました。

私たちには社会保険労務士として達成したい目標があります。

  • 1.企業の従業員に関する悩みを解決し、経営に専念できる環境を作ること
  • 2.役所の政策と企業の懸け橋となり、難しい労働・社会保険の情報をわかりやすく発信すること
  • 3.人事制度を通して、企業と従業員がともに成長できる環境を作ること

企業1社1社に真剣に向き合い、これらの目標を達成することが私たちの使命です。

いま日本の企業は業種・業態・規模に関係なく、従業員との関係に頭を悩ませています。有期雇用契約やパートタイム労働者に関する労働法のルールは今まで以上に厳しくなり、最低賃金も上昇を続けています。企業がより発展するためには、従業員に関する課題の解決は避けて通ることができないのです。

決して簡単な課題ではありませんが、課題に真摯に向き合うことで解決できると信じています。そのための努力を決して惜しまないことを、私たちは約束致します。

社会保険労務士 中居 誠一郎

事業概要

事務所名中居社会保険労務士事務所
所在地〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西17丁目1滝本食品ビル3階
代表者中居 誠一郎
設立2015年10月1日
電話番号011-213-0462
所属団体北海道社会保険労務士会(登録番号 01130033 )
医療労務コンサルタント(北海道社会保険労務士認定)
日本医療経営実践協会
業務内容1.労働・社会保険諸法令に基づく書類の作成
2.労働・社会保険諸法令に基づく帳簿類の調整
3.労務管理全般に関する相談、指導、調査、立ち合い
4.給与計算受託業務